最短で看護師になるのはどのようなプロセスを踏めばよいのですか?

最短で看護師になるのはどのようなプロセスを踏めばよいのですか?

最短で看護師になるのは、状況や目指す看護師によってプロセスは変わってきます。高校入学前の人なら、中学校卒業後、衛生看護科に進学することです。そうすれば、准看護師の資格試験を受験する資格を得ることができるので、卒業後、准看護師の資格を取ることができます。

 

その後、看護師を目指するには2年間昼間専門学校に通うことになりますが、頑張れば20歳で看護師になれます。

 

社会人で最短で看護師になるには、色々な方法がありますが、良い看護学校を見つけることが肝要でしょう。母子家庭の人などは学費が免除される場合があります。正看護師に最短でなるには、高校卒業後、養成施設で3年以上勉強して国家試験受験資格を取得し、国家試験を受験して看護師になるという方法になります。

 

看護師には年齢制限がないので、最短で看護師になりたければ、とにかく思い立ったら行動を早く開始することです。いずれにせよ、専門学校の3年過程というのが最短になるでしょうが、授業料や入学金は学校によって大きく違うので、よく比較して選ばなければなりません。県立病院の付属の学校なら、多少、安くなります。