地方の看護師の平均的な勤続年数は?

地方の看護師の平均的な勤続年数は?

一般的に職種問わない場合の平均勤続年数は9年と言われていますが、看護師の場合は7年なんだそうです。一般職と違って国家資格を取得しているわけですから、勤続年数は長いように思われますよね。看護師は不足していると言われており、特に地方では高齢化が進み過酷な環境とも言われています。

 

勤務体制や給与面、待遇などに加え、ハードな業の毎日であれば、もっと職場環境や待遇の良い職場に転職する方も増えていきます。

 

また地方と都会を比べると、キャリアアップできる環境なのは都会です。このような理由から地方から都会へ転職される方もいるようです。そのため地方では看護師の人材確保のために県が定める医療施設や介護施設にある一定の期間勤務すると奨学金の全額免除などが行われています。

 

このような対策によって地方によっては平均勤続年数も上がる傾向で、長く勤務する看護師も増えつつあります。そしてライフスタイルによっての変化もあるようです、都会では一人暮らしが多く、勤続年数が短い傾向で、結婚などによって家族構成が変わると地方での看護の仕事をされる方が多いようです。